副業

令和最新ビジネス2021(アプリワーク)は危ない?口コミや評判を詐欺の疑いとともに徹底検証!

副業令和最新ビジネス2021(アプリワーク)とは

「アプリを使うスマホがあれば誰でも参加可能」「今までの知識や経験は一切必要なし」と、誰でも簡単に始められることを謳う副業サイトです。

ただし、「アプリで何をするのか」についての記載は一切ありません。

まず、LP※上の無料診断を受けて最適な副業を提案するという触れ込みなので、副業の種類はいくつかあるようにも読み取れます。

実際、令和最新ビジネス2021は副業として成立するのでしょうか。

登録して検証してみたいと思います。

※LP=Landing Page(検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのこと)

副業令和最新ビジネス2021(アプリワーク)に実際に登録してみた

登録するためには、まず無料診断を受け、診断の回答後、LINEに登録します。

ラインのアカウントに診断結果が送られてくるのですが、この診断結果はその根拠も何もわかりません。

他の副業のレビュワーにも同じ結果が送られているのを見かけたので、診断結果はどのように答えても同じ結果が送られている可能性も否めません。

診断結果とともに次々のメッセージが送られてくるのですが、アプリがダウンロードできるのは60分後であるというメッセージが届きます。

60分経過するまでのかなりしつこくメッセージが送られてくるのですが、その中でアプリのチェックテストというものがあります。

アプリが本当に稼働するかのチェックだと言っているものの、単なる画像でリンクも何もないものでした。

LINEに登録して60分するとダウンロードの案内が届くので、タップすると「アプリワーク」という副業の新たなLPが立ち上がり、そこにダウンロードを促すボタンがあるのでタップすると、ここで初めてダウンロードするためには8,500円かかることが明かされます。

令和最新ビジネス2021のLPにもダウンロードは有料であるという記載は基本的にはありませんし、LINEのメッセージでも有料であるという説明はありません。

逆に令和最新ビジネス2021のLPの「よくある質問」に次のような記載があります。

これはあくまでも「診断は無料である」と言っており、それは間違っていませんが、「費用はかかりますか?」のQはミスリードを誘っているようにも読み取れます。

仕事の内容についても明確に答えていないうえに「適正に合ったものを提案する」とありますが、どのような結果になっても提案されるのはアプリワークだと思われるので、ここもミスリードを狙っているように思われます。

結局、令和最新ビジネス2021自体はアプリワークへ誘導するための無料診断目的のLPで、本体はアプリワークであることがわかりました。

副業令和最新ビジネス2021(アプリワーク)の口コミや評判を検証してみた

令和最新ビジネス2021自体の口コミや評判はそれほどネット上にはありませんが、アプリワークの口コミや評判はたくさんありました。

Yahoo知恵袋でも数多くの質問がされていました。

Yahoo知恵袋の回答の中には、実際に稼いでいるという回答もありますが、良い回答をしている人は100%ID非表示で信憑性が低いと言わざるを得ません。

Yahoo知恵袋の中に詳細な回答をしているケースがありました。

その回答によると、8,500円支払って購入するのはデジタルマガジンというマニュアルで、その後有料プランに入らなくてはならないことなどが解説されていました。

また、販売業社名で検証を行っているサイトもありました。

このような口コミや評価は、たとえ良い評価があっても悪い評価がある限りは信頼できるものとは言えないでしょう。

副業令和最新ビジネス2021(アプリワーク)の初期費用を検証してみた

初期費用は前述のとおり、8,500円です。

しかし、これはあくまでもマニュアルの代金です。

実際にアプリを手に入れて稼働させるためには追加の資金が必要なようです。

総額10万円のお祝い金がある、5万円分の還元があるので実質的な支出はないという書き方もされていますが、お祝い金を手に入れるためには様々な条件があるようです。

お祝い金はもらえないものと考えた方がいいでしょう。

副業令和最新ビジネス2021(アプリワーク)の会社情報を検証してみた

令和最近ビジネス2021にもアプリワークにも特定商取引法に基づく表記があります。

一見、比較的しっかりしているように見えますが、販売業社名が「令和最新ビジネス事務局」になっており、会社名が記載されていません。

ちなみにアプリワークの方では「Vapomins合同会社」となっています。

事業者ホームページの記載もあるので、ホームページを見てみると、Vapominsという会社はアプリシステム開発・作成、広告代理事業、SEO事業を行っている会社だとありますが、実態は不明です。

会社の住所を検索すると、学芸大学にあるマンションの一室であることがわかります。

このようなマンションに会社を構えているということは、スタッフの数も当然多くないであろうことから、サポートなどの対応もあまり期待できないでしょう。

また、特定商取引法に基づく表記の中にある「表現及び商品に関する注意書き」を読むと、

「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも元本や利益を保証するものではなく、相場の変動その他の事由により損失が生じる場合があります。また、外国為替証拠品取引(レバレッジ取引)については、相場の変動状況により、お客様が預入した保証金・証拠金以上の損失が発生する場合があります。お取引の前に、外国為替取引の仕組み、投資対象、リスク等について十分ご理解頂き、お客様ご自身のご判断と責任においてお取引をお願い致します。尚、当社はお客様と投資顧問や投資一任契約の締結等を行うことは致しません。」

とあるので、令和最新ビジネス2021(アプリワーク)が勧める副業は結局FXであることがわかります。

FXであるということは令和最新ビジネス2021のLPにもアプリワークのLPにも明確な記載はありませんでした。

それほど隠さなくてはならない理由はなんなのでしょうか?

肝心なことを目につくところに記載しない、ミスリードを狙った書き方をするものは基本的には信頼できないと思っていいでしょう。

まとめ

令和最新ビジネス2021(アプリワーク)は導入費用こそ8,500円ですが、実際に収益を出すためには有料のアプリが必要だったり、返金でトラブルがあるのが見受けられたりするので、

実際に何をするのか、導入以外の資金が必要なのかと言った重要なことが書かれていないものは何かしらの危険が潜んでいる可能性があります。

それらを考慮しても、本サイトは副業としてお勧めできません。

COMMENT

Your email address will not be published.